骨盤を矯正すればダイエットの効果が現れる?

骨盤矯正といえば産後の女性のイメージがありますが、実は男性・女性、年齢に関係なく誰でもいつでも始めることができます。
どんなにダイエットを頑張ってもお腹がぽっこり出ていたり、下半身が痩せなかったりする原因は骨盤の歪みのせいかもしれません。

産後の女性は骨盤矯正することによって、妊娠期間中に広がった骨盤を元の位置に戻すことができます。
一度広がっている状態から始めるので、矯正の効果が高く、ダイエット効果も期待できます。
しかし、産後は体調など様子を見ながら無理をしないようにしましょう。

猫背などで姿勢が悪かったり、足を組むことが癖になっているかたは、骨盤が歪んでいる可能性があります。
o脚・x脚のかたも骨盤が歪んでいる可能性があるので、歩いていて疲れやすかったり、腰痛が悪化することもあります。
これは筋肉が引っ張られることによって正しい歩き方ができず、疲労や足の太さにも左右差が出てくるためです。

骨盤矯正をすることで、お腹や腰回り、おしり等下半身の筋肉を柔らかくし、効率よく動かすことができるようになります。
そのためバランスもよくなり、全体的に脂肪が落ちてダイエット効果が期待できます。
また、矯正することによって下がっていた内臓が正しい位置に戻り、消化吸収や腸内運動などを促進します。
歪みがなくなると血液やリンパの流れが良くなるので基礎代謝が上がり、脂肪燃焼の効率化や冷え性の改善にもつながります。
ダイエットに冷えは禁物です。

自分の骨盤が歪んでいるかは鏡を見るとわかります。
肩や腰の位置が左右対称でなければ歪んでいる証拠です。
せっかく矯正しても姿勢や歩き方など普段の生活から意識していかなければ、また歪んでしまい、代謝が落ちたり、太りやすい体質になってしまいます。

効果が出るのは矯正してすぐではありません。
日々の積み重ねが大切ですが、骨盤矯正は難しいものではありません。
骨盤矯正はエステや整体などでも施術することが可能ですが、毎日通うことは難しく、費用も時間もかかってしまい大変です。
しかし、自宅でも簡単にできる方法があります。
今日・今から・すぐに、始めることができる方法です。

骨盤矯正は自宅で簡単にできる?

骨盤矯正は道具がなくても自宅で簡単に始めることができます。
その方法はストレッチです。
ストレッチをする際は、お風呂上りに行うと体が温まっているため、ダイエットにより効果的といわれています。

ストレッチの方法はたくさんありますが、自分に合ったストレッチをし無理のないように行いましょう。
そうすることで続けることができるようになります。
お風呂上りに行うのがベストですが、空いた時間や家事の合間、テレビを見ながらでも行うことができます。
腰痛やひざ痛のあるかたはストレッチ時の歩幅を小さくしたりすることで負担が軽減しますが、無理のないように行ってください。

座って行う場合には、足を伸ばして上体を前に倒します。
上体を起こすときはゆっくりと起こし、太ももの裏側を伸ばしてください。
ほかには、座った状態で足を開き、背筋を伸ばしながら上体を倒します。
これで太もものストレッチができます。

寝ながら行う時は、仰向けに寝て膝を90度になるように曲げ倒します。
上半身が動かないように左右に両膝をそろえて倒すのがポイントです。
左右それぞれ1~3分行います。
このストレッチだけでも毎日行うことで効果が現れます。
音楽を聴いたりしてリラックスして行うと良いでしょう。

骨盤矯正には、巻くだけで矯正してくれる骨盤ベルトというものがあります。
巻くだけで骨盤矯正できる優れものですが、短期間での効果は期待できません。
毎日つけていないといけませんし、自分の体に合ったものをきちんと正しく巻いていなければいけません。
そのため、ベルトを購入するときは自分に合ったサイズのもの、毎日つけるものなので通気性が良く、付け心地の良いものを選ぶようにしましょう。
巻くときはきつく巻いても効果が出るわけではなく、苦しくならない程度に調節しましょう。