肥満妊婦はダイエットをすべきか?

肥満のまま妊婦になってしまい、妊娠中に太りすぎと注意される人もいます。
ダイエットをしたいけれど、妊娠中なのでダイエットをしてもいいのか、と不安になってしまい、結局太ったままでまた医者に注意される、ということもあります。

肥満が妊婦にどんな影響を与えるのかを理解しておくことで、妊娠する前にダイエットをすることもできますし、妊娠中でも無理をせずにダイエットをすることが可能になります。
肥満妊婦、という言葉があります。
ひどい言葉だと思うかもしれませんが、傷つけるような言葉を使っても改善しなければいけないことがある、ということです。

肥満妊婦の場合、妊娠中や出産のタイミングで様々なリスクがあるといわれています。
妊娠中、または妊娠する前から肥満状態の身体をそのままにしておくと、おなかのなかの赤ちゃんだけではなく、母胎にとっても命に関わる危険性が出てきてしまう場合もあるといいます。
なので、太っていると自覚したときから少しでも改善できるようにしておくことが大切です。
肥満妊婦というのは、BMIの数値が25以上で肥満と判定された妊婦の方のことをいいます。

また、妊娠する前から肥満だった場合と妊娠中の体重の増加によって肥満になった場合で分けられます。
太っていることで起こると考えられるトラブルというと、妊娠中高血圧症候群、妊娠糖尿病、尿タンパクの異常などがあります。
つまり、太っていると母胎と赤ちゃんの命の両方に関わるようなリスクがある、ということは理解しておくことが大切です。

妊娠中は赤ちゃんを守ろうとしてホルモンの影響が出やすくなっています。
体に脂肪を蓄えようとして太りやすい体質になっているので、ある程度太ってしまうのは仕方がないことです。
ですが、妊娠中に体重増加してもいいのは、およそ7キロから12キロ程度が理想的だといわれています。

それ以上太ってしまった場合は、妊婦でも行うことができるダイエットをして、少しでも体重を減らすようにしておくことが大切です。
少しずつでも改善して元気に赤ちゃんと出会うことができるようにすることができます。

妊娠中でもできるダイエット法

肥満のまま妊婦の時期を過ごすというのはよくないです。
妊婦でも簡単に続けてダイエットをすることができるようなものにチャレンジしてみるといいです。

妊娠中に行うダイエットというのは、基本的に目的は必要なだけ痩せることです。
なので、無理な食事制限をしたり、過度な運動をしたりといった体に負担がかかるようなことは避けるようにしておきます。
妊娠中のダイエットは母体と赤ちゃんが元気になることができるよう、無理のないストレス解消もできるような方法を選ぶことが大切です。

たとえば、マタニティースイミングは妊娠中でもダイエットとして取り入れることが可能です。
マタニティースイミングは水中のエクササイズということで、普段あまり動かすことのない筋肉を鍛えることができますし、妊娠中に起こる様々な症状の緩和にもつながるといわれています。
さらに、水泳を行うことでストレス解消とリラックス効果を得ることができるということです。
あくまでも妊娠中のダイエットです。
危険が伴うことが無いように、専門のインストラクターがいる場所で行うように気をつけます。

ほかにも、マタニティーヨガもいいといいます。
妊娠中のダイエットとして多くの人が取り入れてる、人気があるエクササイズです。
もともとリラックス効果が高いスポーツとして普段から取り入れている、という人もたくさんいます。
リラックスするというのは妊婦の方にはとても大切なことです。
無理ない範囲で行うことができるよう、マタニティーヨガの専門教室などに通うことも可能です。

ストレッチも肥満妊婦にはとてもよいことです。
ストレッチは出産のときに必要な筋肉を鍛える効果があり、筋肉をほぐす効果で安産につながるともいわれています。
疲労回復効果もあるので、リラックスできるようなときに行うといいです。
ただし、これも無理をせず、自分ができる範囲で行うことが大切です。