ダイエットの停滞期を乗り越える方法

スリムになりたい、健康的な体を手に入れたい、お医者さんにすすめられたなど、ダイエットの理由は人それぞれです。
痩せる目的を持ってダイエットを始めて順調に進んでいても、途中で体重が落ちなくなるタイミングが訪れます。
いわゆる停滞期です。

ダイエットの基本は、摂取カロリーを減らし、消費エネルギーを増やすことです。
それを繰り返すうちに体内で無駄な脂肪が消費され、体重が少しずつ落ちていきます。
その過程で、体内ではホメオスタシスという機能が働くようになります。

ホメオスタシスとは、体の防衛反応の1つです。
体内に入ってくるエネルギーが少ないと感じ取った脳は、生命を維持するため、自然と消費するエネルギーを減らすように働きかけます。
その結果、同じように食事制限をしたり、運動を心がけていても、体重の減少は止まりいわゆる停滞期に突入します。
こうなると、体重計に乗っても変化がなくなり、そこから陥りがちなのがモチベーションの低下です。
努力しても報われないというジレンマに耐えきれず、断念してしまう人がとても多いです。
ただ、この時期を乗り越えればまた体重は落ち始めますので、我慢して努力を続けることが大切だと知りましょう。

停滞期のことを知らずにダイエットを始めてしまうと、ここで挫折をしてしまう可能性が高いです。
あらかじめ停滞期が訪れることを知っておけば、心構えから変わってきます。
停滞期の存在を知り、そうなったときの準備をしておくことで、辛い時期を乗り越えることができます。

体を守るための防衛本能なので、ホメオスタシスが働き、停滞期が訪れるのはむしろ自然なことです。
ダイエットがその時点でうまくいっていることを確認できるきっかけと捉えることもできます。
この時期が来たら、しめしめとほくそ笑む位の余裕が欲しいです。
心に余裕を持ち、ある程度の長いスパンでダイエットに取り組むことが成功への鍵となります。
ここでの焦りは禁物です。

停滞期から脱出するにはここを見直そう

程度の差こそあれ、ダイエットを志す人に訪れる停滞期を、どう乗り越えるかはダイエットのための大きな課題です。
事前にしっかりと対策を考えておけば安心して取り組めます。

停滞期を乗り切る基本は、それまでと同じメニューをこなすことです。
それまできちんと体重が減ってきているのであれば、概ね間違ってはいないはずなので、同じような食事メニュー、取り組んできた運動を継続することがまずはベースになります。
我慢強く継続していけば、また体重は落ち始めるので、信じて続けることが大事です。

停滞期は、おおむね2週間から1ヵ月ほど続くのが一般的です。
抜け出すまでは辛抱しましょう。
それまで食事メニューに対してあまり細かく考えず、全体のボリュームを減らしたりしてきた人は、もっと細かく見直すきっかけにしても良いです。
毎食記録をつけたりすれば、意外な高カロリーを見つけたり、逆の気づきもあるなど、たくさんのメリットがあります。

ホメオスタシスの機能を早めに解除させるテクニックもあります。
十分なエネルギーを摂取できていると脳に判断させるための手段は、一時的に食事の量を増やして元に戻すことです。
ホメオスタシスが早く終わるきっかけになります。
1日から3日行うと良いです。
しかし、短い期間だけでも食事の量を増やすと、また元に戻すのは大変なので、その点は意識して行うことも重要です。
戻し方まで具体的にイメージしておくと取り組みやすくなります。

停滞期をきっかけにダイエットを中断してしまうと、その後のリバウンドに大きな影響を与えます。
元の体重より太ってしまう人も少なくないので、ここを乗り切る事はとても重要です。
正しく理解し、適切に取り組むことで、ダイエットは一気に成功に近づきます。