ゼニカルはいつまで飲めば効果が出るの?

ダイエットをしたいけれどなかなか続けられない、食事制限をするのが難しくてつい食べ過ぎてしまう、仕事の都合などで外食が避けられないのでどうしてもカロリーオーバーになってしまうなどの悩みを抱えている人は多く、痩せたいけれど運動が苦手なのでスポーツをしないでできるダイエットを探している人もたくさんいます。
そんなとき便利なのがダイエット薬のゼニカルです。

ゼニカルには食べ物に含まれている脂肪分を胃や腸で吸収させずにそのまま体外に排出する効果があるので、普通の食事をしていてもヘルシーで低脂肪なダイエットメニューを食べたような食生活ができます。
脂肪分を大幅に減らせるので食事のカロリーも減って、量を減らさなくても効率よく一日の摂取カロリーをコントロールできるのが特徴です。

ゼニカルは即効性のある薬で、服用するとすぐに食事の脂肪分を減らすことができますが、体重は1回の食事を減らしただけではあまり変わらないのである程度まとまった期間飲み続けることが必要です。
早い人なら1週間くらいで効果が出始めて、2週間くらいすると体重がどんどん落ちていくのが分かります。

体重を記録したカレンダー飲み続ける期間は目標体重やスタート時の体重によって個人差があるので、自分でダイエットを続けたい期間だけ使えばそれだけ効果を実感できます。
ゼニカルは脂肪をカットすることができますが、糖分はそのまま吸収されるので甘いものや炭水化物ばかりを食べているとせっかく飲んでいても確かな効果を得ることができません。
服用中は食べ物の種類にも注意することが必要です。

脂肪分をカットすると同時に軽い運動を行えば更にダイエット効果を高めて、短期間の激やせに挑戦することもできます。
また、サラダやスープなど低脂肪なメニューのときにはゼニカルを飲まなくてもいいので、揚げものや脂身の肉、バターなど脂肪分が多い食事のときやこってりした外食のときに服用するようにして使い分けるのも効果的です。

ゼニカルを飲み続けると副作用が起こる?

ゼニカルは肥満治療のクリニックでも使われていて、世界的に認められているダイエット薬なので正しく使えば健康に害を及ぼすような副作用はほとんどありません。
ただし、飲み続けていると特定の栄養素が不足してしまうことがあるので注意が必要です。

ゼニカルには脂肪分を体外に出す働きがあるため、ビタミンAなど脂に溶ける性質のある栄養素が一緒に体の外に排出されてしまい、胃腸で正しく吸収されなくなってしまいます。
ずっと飲み続けるときは副作用で栄養不足にならないようにビタミン剤やサプリメントを併用したり、野菜と果物を多めに食べるなど工夫をしましょう。

脂肪分が吸収されなくなることで肌荒れなどの副作用が起こることもあります。
肌や髪、爪などはある程度の脂肪がないと潤いや輝きが失われてしまい、老化が進んでしまう原因にもなるのでダイエット中でも完全に脂を避けるのではなく、オリーブオイルやアーモンドオイルなど体によい健康オイルを取り入れてバランスのよい食事を心がけましょう。

ゼニカルの副作用でよくあるのは、意識していないのに便が漏れてしまったりおなかがゆるくなる現象です。
大量の脂分がカットされて液状になって体の外に出てくるため、下痢のように流れ出してしまったり頻繁にトイレに行きたくなる副作用があります。
自宅にいるときはあまり問題ありませんが、外出するときやすぐにトイレに行けない状況では対策が必要になります。

便が漏れてしまう副作用を避けるためには生理用のナプキンを使ったり、介護用のショーツを活用すれば恥ずかしい思いをすることがなく安心して過ごせます。
夜寝ているときも何らかの拍子に脂分が出てしまわないように介護用品などを使ってトラブルを防ぎましょう。